アラサー腐女子の日常

OLの仮面を被って都内に生息している腐女子歴15年目に突入したアラサー女

迷える新社会人へ捧ぐ 話題のキンプリから見るビジネスマナー

春ですね。
今日の雨で、東京の桜はすこし散ってしまったかも知れませんね。
さて、新社会人の皆さんは入社式が中途半端に金曜日だったこともあり
意味の分からない緊張で土日を過ごしていたんじゃないでしょうか。

 

桜はいいとして。アニメが心の拠り所の腐った新社会人の皆さん。
アニメを普通に観ているだけじゃ、ビジネスには活かせません。

社会人9年目に突入した返り咲き腐女子が「時空」を超えてお届けする、
この春、最強のビジネスに活かせる作品を紹介しましょう。

 

その名も――――――――――――――――

 

劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」

f:id:maco815:20160404194638p:plain

\ズバーーーーーーーーン/


(どうしよう、いまさら!!!!!!!!!!!!)

 

今回は謎のムーブメントをおこしている

✨ 劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」

流行りも一回落ち着いたであろう通称「キンプリ」を
今更ながら観てきましたのでそのレポでございます。

またどうせ書くならキンプリを通じて、
いかに面白おかしくビジネスに活かすか、についてブログを書きました。
新社会人でキンプリ好きな方は活かしてみてください。

 

知らない人は勿体ないので下記ようつべよりご覧ください。

世界観変わります。

 

 

 

1.事前準備大事。リサーチすごく大事。

私が新宿バルト9の13階に足を運んだのは23時10分。
もうね終電間近な新宿三丁目、日曜日の夜なのにウジャウジャ人がいる。
男性も女性もほどよく半数づつ、熱気溢れるダンスフロア。
(ダンスはしていない)
え、まってみんな終電なくなるんじゃない???
時間なんて気にしないノンノン。

 

事前準備もないままのわたしはさながらTシャツ木の棒の装備。
丸腰である。
途端、初めてディスコに訪れた、まるで少女のように
緊張してキョドり始める私。

スマホをいじりながらふと顔を上げると
私の真正面には浅黒い肌の強面男性のお面を
顔の両側面に付け、誇らしげに凛と立つ女性が目に入る。
既にフロアに飲まれている。

この浅黒肌の強面男性がアレクだと知るのはもう少し後の話。

 

小鳥のさえずりか?と思えるほど控えめなアナウンスと共に
劇場に吸い込まれるオーディエンス。
うっすら残った熱気を感じながら席に着き、
メガネを掛けたその瞬間私を襲ったのは

 

 

既に深紅にに染まった世界(※映画泥棒)だった―――――!!

f:id:maco815:20160404195306p:plain

参考:映画泥棒

 

※大きなネタばれはしないようにしますが、当人予習した方が1000倍楽しめるなと
感じましたので「これ覚えてて」「あれもって行って」など
お節介老婆心丸出しな部分もありますのでお気を付けください。

 

 

 

2.持ち物は聞け。先人は教えてなどくれない。

「予習しときゃよかった~~」
抜打ちテスト以来のこの感情を、私は今最も後悔している。
という訳でキンプリにおける「これさえ知っていれば」と
思ったことを書き出しておく。

 

【劇場での楽しくキンプリを感じるためのいろは】
い)キンプリは本編が始まる前から始まっている
ろ)予備知識及びサイリウムを持っていない初心者はとにかく笑え
は)EZ DO DANCE、昭和生まれ、ここは全力で盛り上がれ
に)ジークジオンみたいな声掛けは3回だけな
ほ)恥ずかしげも泣く さめざめ泣く
へ)え?ここで終わりなの?と、みせかけて~~~
と)家に帰るまでがキンプリです

 

ちょっと(に)と(ほ)がどっちか忘れましたけど、
応援上映会というものに初めて参加したし(しかも単独)
予備知識も過去友人にサラッと教えてもらったっきりだったので、
まずこの流れが微塵も理解しないまま物語がスタートし、そして終了する。
それはそれで面白いけどやっぱりわかっていた方が面白かったなぁと思います。

 

あ、ちなみに【持ち物】はめっちゃたくさんの色で光るサイリウム
(何色必要かはしらん)万全の体力と全力で楽しめるハート。ついてこい。

f:id:maco815:20160404200355p:plain

 反省:持ち物は絶対に確認しろ。

 

 

 

3.頑張って喋れ。それがビジネスにおける場に存在するためのルール

当然キャラクターもストーリーも微塵も分からんちん。
元ネタはなんなの?状態ですでに置いてきぼりです。

 

隣のお兄さんはエリートさんだったらしく、
ずっと\かわいーーーー/と大きな声を張り上げ
応援する姿を横目で凝視してました。
すみません。初心者で単独だったもので、お許しください。

 

私が取り急ぎ知ってたのは、かの名曲EZ DO DANCEと、

ツイッターで「シックスパック」やら言われていたこと。

幸いだったのは年季の入った声豚なので

関俊彦三木眞一郎森久保祥太郎の聞き分けができたこと。
競技(競技なのかな…)アイススケートだっつーことも知らなかった。

 

すんごい簡単にいうと
かわいいお友達&大きなお友達たち向けアーケードゲーム
通称プリリズのアニメ化及びシリーズ化さらに
劇場映画化より派生して登場したキャラクターたちが活躍する
スピンオフ作品が「KING OF PRISM by PrettyRhythm」
主に大きなお姉さん向けに1月9日から新宿バルト9を皮切りに
全国で公開している。

 

主人公一条シンくん属するエーデルローズ(学園?チーム?分からぬ)と
ライバルチームとして登場するシュワルツローズとの戦いの物語である。
(とりあえず映画はその序章って感じです。)

 

よくポスターでみかける三人組は、
オーバーザレインボーと言う超スーパーアイドル 通称オバレ。
多分この世界の嵐みたいな存在だと思います。
(かわいいお友達&大きなお友達たち向けアニメ「プリリズ」にも登場するから
 覚えておくと少し余裕をもって復習がてら安心して楽しめる気がする)

 

この虹色三人組とうたプリの上級生みたいな人たち以外は
安心してください、そいつら新キャラですよ!よろしく基本新キャラだそうです。

 

一人、ストリートだけじゃなくてお前世界観ブチ壊しに来たであろう
超高校生級のムキムキ男子が出てきますがこいつも
新キャラなんで安心してください。

お前それ新キャラの存在感じゃねーだろ。
心の中で「(ここにも超高校生級声優キタ――!!!!!!!!)」と思いましたが
ここはキンプリの世界、煌きの世界なので無視してください。

 

ちなみに私の推しはアレクです。

f:id:maco815:20160404200224p:plain

左側の彼。声は野太いし二の腕パツンパツンなくせに

プリキュアみないなかっこしてめっちゃ笑顔でEZ DO DANCEします

 

で、ですよ。

予備知識がないのと、初参加の恥ずかしさがあって全然声が出せない。
失敗したら恥ずかしいな、とか、あってるのかな?とか、
もう乙女か?という羞恥心が邪魔をして
バルト9のスタッフのアナウンス声(小鳥)と並ぶような
か細い声で「かわい~」「なぁに~」と声を出すわけです。

フォントの級数6とかのレベルですよ。
トイレの乙姫の方が響くわ、といった感じ。

 

先人たちは失敗なんて恐れてないわけです。
ユキ様が出てきたときに「くにたちや~」って
言った人一人しかいなかったもん。

 

とにかくこの場は声を出して楽しんだもん勝ち。
失敗してもいい。彼らに届けと言わんばかりに張り上げて!!

2.5億の興行成績はその声の集大成だと思います。

空気読めない感じの会話から拾えるものってのもあるんすよ、きっと。
喋らない新人よりは頑張って喋る新人の方が評価されます。

 

反省:後半、感じつかめてきてから声出してた時のが楽しかった!

 

***********************

 

ちょっと書くの疲れてきたので一旦終わりますが、

新社会人の皆々様、

 

1.事前準備大事。リサーチすごく大事。

2.持ち物は聞け。先人は教えてなどくれない。 

3.頑張って喋れ。それがビジネスにおける場に存在するためのルール。

 

上記3点はやった方がいいぞ!

そしてキンプリはいいぞ!

 

f:id:maco815:20160404200450p:plain

P夫

 

デビルズラインの新刊がでますよ

みなさま、

デビルズラインデビルズライン / 花田陵 - モーニング公式サイト - モアイ

最新刊がまもなく発売しますよ!!

f:id:maco815:20160403161733j:plain

(しかもサイン会まで行うんだって…!!!)

 

近所の本屋さんがPOPを作ってくれており、

更に試し読みが設置されていたことから購入に至り

友人2名ほど沼に落とすくらい大好きな作品です。

 

本屋さんのPOPや試し読みは本当に運でしか選んでこなかった

我々漫画好きの手助けになっております・・・!

その努力にいつも感謝です ?✨

 

ジャンルは”吸血鬼×人間”のダークファンタジー。

私ファンタジーものはそんなに惹かれないのですが

舞台が現代、恋愛要素も強く(彼らの葛藤もあり)

身悶えしながら毎回楽しく読ませてもらっています。

 

勝手に安斎さんの声を関智一さんに置き換えて

脳内リフレインしながら楽しんでおります。

OVAでも構いませんのでアニメ化楽しみに星座待機しております。

 

花田凌先生は同い年なのに、

こんな素敵な世界を表現できるなんてすごい・・・。

 

まだ読んだことない方は、公式のモーニングさんが

試し読みも設置してくれておりますのでどうぞお試しあれ

 

P夫

Kingsmanを見てきた。

 

Kingsmanを見てきた。

 

先週末の話です。Kingsmanを観に行ってきました。

なんか映画観たい。と思って戦略会議の途中から映画を調べだしてしまい笑

 

アンハサウェイ&ロバート デ・ニーロ主演「マイ・インターン」と悩んだ末、

キングスマンむちゃくちゃスカッとする!というレビューを頼りに

華金の新宿TOHOシネマズを目指して会社を飛び出したのでした。

 

 

映画館は半年ぶりくらいで、なんでそんな疲れた金曜に行ったのか。

 

その時の私は、悪だけど~ジェダイの言ってることも分かる~、みたいな

どちらの言い分も分かる故に深く考えてしまうようなスターウォーズのような物語より、「悪を懲らしめる」暴れん坊将軍みたいな映画が観たくなるほど

ずっと会社に対して自分に対してムシャクシャしていました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーネタバレ有りーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

私は生粋の腐女子なので「英国」「スーツ」「スパイ」という単語に

過剰反応して既に期待メーターぶった切っておりまして、

とにかくコリン・ファース様の紳士っぷり&アクション&色気にノックアウト。

 

「(えええええ!?この人ほんとにブリジットジョーンズの人なの!!??)」と

脳みそfoooooooo!!状態でした。

 

 

お話が進むにつれて実は男性版『マイ・フェア・レディ』であることも

分かってきて(ただしプリティウーマン以外見てない…)

師弟関係や若者に手を差し伸べて導くメンター的な作品に

すごく惹かれることもあり、ハリーとエグジーの親子のそれとは違う絆や

強まっていく関係性にときめかずにはいられませんでした。

 

父親を失い、低階層な暮らしを余儀なくされたエグジーに対して

「将来有望な青年だ」と肯定し、居所を与えた初めての相手である

ハリー(コリン・ファース)を失った悲しみを乗り越え、

信じてもらった可能性に対して応えたい踏ん張る青年エグジーに、

こみあげてくるものがありました…。

 

「ここで待ってろ!」って言ったくせに、あっけなく死んで、

もう「NO!EGGY」って叱ってくれることも叶わないんですよ…。

なんでや…ハリー…なんでや…うう…号泣

 

「マナーが紳士を作るんだ」という、ある種の魔法みたいな言葉が

物語の核となっていて、階級も教養もそんなものはいくらでも

自分の力で変えることができる!と断言してくれるハリーは涙ができるほどかっこいい。

そしてそれを体現するエグジーを見ていると私も頑張れるかなと思わせられる。

 

与えられた環境で悪態をつくも、足掻けと言われているような気がして、

何度も出てくるセリフを胸に刻んでみていました。最終的にその言葉をエグジーが

習得した時「甘ちゃんめ~~vvvvvvv」と思いましたが彼の成長を一番に

喜んでいるのはハリーだよ~~~!!!!とドキドキしていました。

 

てか死に方が死に方だったのでハリーは生きていてヒョッコリ現れると

思ってましたが、最後まで彼はでてこず…。続編に期待ですね。

 

そもそもエンタメの仕事をしているにも関わらず、

名作をことごとく忘れているのでこれをきっかけに映画ドンドン見て行こうと思います。

 

今週キングスマンの二回目観に行って、

LEONとアベンジャーズと英国王のスピーチを近々みるぞ~~

 

(ほんとは今週観たいけど会社の研修で無理だよBoooo)

 

 

P夫 

 

 

日々、面白いことがあるわけで。

 

「深く考えるられない人は、圧倒的に文章を書く量が不足している」

本日、通勤ラッシュに揺られながらこの文章に出会いました。

 

 サラリーマン女子の私は毎朝同じ時間の通勤ラッシュにゆられながら出勤しています。

数年前にアラサーになりまして、次いでに年季の入った腐女子なので、通勤時間とは戦場へ向かう戦士が心の整理をする時間であり、アラサー腐女子の私はpixivとtwitterで癒されている時間なわけです。

pixivで他人の描いた絵をみて何をしているのかというと、想像力のすべてを使っていやらしいことを考えているわけです。

これ何が楽しいのか?ということにつきましてはまた今度詳しくお話しします。

とにかく、通勤ラッシュでいやらしく楽しんでいましたらtwitterで流れてきたこのブログに行きつきました。

 

腐女子において考えるとは。

学生時代は本業をおろそかにするレベルでイラスト・小説を書き、ブログで感想をしたため、友人へ手紙を書き、HPを作り公開し、絵チャに参加し、休日には古本屋で商業誌を読み漁る・・・。

中高の学生時代ほぼ毎日5時間以上を考え作業に費やしていました。

機動戦士ガンダムSEEDに激ハマりしていた時は「なぜ戦争はなくならいのか?」を友人と考え、毎夜深夜までチャットにて意見をぶつけ合っておりました。

(ここにおける戦争とは地球連合ザフトという架空の国家連合についてを述べております)

 

単純に漫画やアニメが大好きだった少女たちは、やがて腐女子と進化し、恋に近い感情が芽生える時を迎えます。

そして、ただただ自分たちの恋心を満たす術がないことを痛感します。

 

そうなってくると物語の軸を超えたところで自身の「想像」したことを「創造」「共有」することで自分たちの欲求を満たすようになったのです。

紫式部の心で起こった妄想ビックバンによって誕生した「源氏物語」しかり私たちは具現化できるものをどんどん生み出していきました。

9割以上いやらしいことを想像しているので、胸を張って言えないのが切ないです。

 

他の学生さんが部活動や、勉学に力を注いでいた情熱を創作に向けて行ったわけです。 

上記のことから腐女子は 良作に触れながら溢れる想像を自身の創造で満たしながら深く考えることで、新たな「欲求」を喚起していたんだと思います。

余談ですがインターネットが発展してきた良い時代に学生だったので勝手にブログもチャットもタイピングも覚えました。副産物です。

 

答えが手の届く範囲にある、現在。

一番創作をしていたJK時代にくらべ、映像制作会社なんてブラックな世界に足を突っ込んだおかげで約5年間ほど漫画もアニメも、無論創作からも遠ざかってしまいました。

転職を経て少し時間とお金を手に入れた私はお絵かき掲示板の発展系pixivやひとりチャットであるtwitterに触れ、腐女子を復活させたました。

 

検索ひとつで自分好みの絵師さんを見つけることができる。

圧倒的文章力で好きなカップリング表現してくれる作家さんがいる。手を伸ばせば答えがある。それは私からどんどん考え生み出すことをさせなくなっていく。

自分が悪い。今は絵すら書けません。

 

そうです。

書かないのではなく、書けないのです。

 

それは学生時代の約6年間、考えたり作業したり友人たちと議論するためにインプットしてきた情報も今はやっていないので、当然です。

最近自分の考え方が甘いなぁとか、メールを書くのに時間がかかるなと、思うことが増えておりました。

ただその感情の名前や正体が分からずモヤモヤしていた時にこの文章に出会い、

 圧倒的に文章を書く量が不足している」という事実がピタっときました。

 

このブログも書き始めて二時間がたちましたが人はいかに経験し≒成長できるか(ただしスピードは準じていない)が、上辺での考えにとどまらないかにかかっていると思います。

 

気付きが行動を促し、考察したことを伝えることの積み重ねで成長していく。

 

なんとなくカッコよく言っていますが腐女子における欲求を満たすということと、これは創作に活かせるんじゃないか!?という思いついたいやらしいネタを忘れないことと、変な会社で変な職種なので、日々面白いことがあるわけなので愚痴にするより楽しめる言葉にして記した方が脳みそ使うので今後の創作に生かせると思いブログを初めてみました。

 

シンプログで蓄積しようと思っていた漫画ブログもこっちに移行して、踏襲しようと思います。あわよくば漫画やイラスト、文章なんかも書ければと考えている腐女子アラサーです。

 

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

P夫